家族の安全を1番に考えるなら自然素材を利用したマンションを選ぼう

住宅

一生の買い物

住宅模型

信頼のおける神奈川の会社に依頼することで、長期に渡って住むことのできるしっかりした家が建てられます。また、夏の暑さや冬の寒さを少なくし、耐震性に優れた注文住宅も多く手がけています。

もっと読む

新築の一戸建てを購入する

家

川西で一戸建ての購入を考えている方におすすめなのが人気の新築一戸建てです。川西の新築一戸建ては、家族構成やライフスタイルなどに合った周辺環境や、予算などを考えた上で不動産情報サイトを使って探すようにすると良いでしょう。

もっと読む

家族の健康を守る住まい

住宅

化学物質不使用がカギ

近年は健康への関心の表れから、自然素材を積極的に利用した住宅が増えてきています。住宅の建材に化学物質が使用されていると、室内の空気を汚染して住人にさまざまな健康被害をもたらすおそれがあります。これがいわゆるシックハウス症候群です。シックハウス症候群は、子供への影響が特に大きいと言われています。そこで、大切な家族の健康を守るため、できるだけ自然由来の材料を使って家を建てることが重要視されるようになってきました。ところで、こうした自然素材を多用した家づくりは、もっぱら戸建て住宅、しかも注文建築でしか実現できないとされてきました。しかし最近ではマンションリフォームの際に自然素材の使用を指定してくる施主も増加しています。

集合住宅でも理想を実現

マンションの場合、リフォームを行うとしても建物の基本構造部分を改変することはできません。しかしそれ以外の部分、内壁や天井、床などに使われている資材を自然素材に変えることで、家族みんなが安心して暮らせる住環境をかなりの程度まで実現することができます。たとえば内壁です。現在のマンションでは塩化ビニールなどで作られたクロス張の壁がよく見受けられますが、これを昔ながらの塗り壁にすることで化学物質の使用を減らすことができます。その壁材も珪藻土や漆喰など天然由来のものを使えば、効果はさらに高まります。また、ほとんどのマンションで採用されているフローリングも、人工材から天然材に変えることで、合板に含まれている接着剤などの影響を排除することができます。

住まいは場所と建て方

つみきの家

注文住宅を住宅を考えるときに重要なことは環境を考えることです。それは周辺の環境であったり住宅自体の環境であったりします。様々なことを考慮して最適なのが滋賀に注文住宅を建てるという選択肢です。滋賀は土地の価格が安定しており自分の理想に近い住環境を実現可能です。

もっと読む